2019年04月28日

六甲 摩耶山

山域:兵庫県 摩耶山
日程:2019/4/28
参加者:北山

新神戸駅から、市ケ原を経由して、摩耶山まで。
posted by 姫路岳友会 at 00:00| Comment(0) | 一般登山

2019年04月27日

七種山 歩荷トレーニング

山域:兵庫県 七種山
日程:2019/4/27
参加者:上田M、上田A

先週の雪辱を果たすべく今週もまた七種山へ。

先週と打って変わって冷たい風が吹き荒れる中、8:00野外センター出発。

晴れたかと思えば冷たい雨が降ったりと、天候はいまひとつも、歩きは快調で10:00に七種槍到着。

その後、七種山の激上りも難なくこなして早々に薬師峰との分岐へ着く。 先週と違って体力十分、時間も早かったので七種山の頂上に向かってみる。 頂上でゆっくり昼食でもと思ったが、頂上では多くの人が賑わっており、早々に食事を済ませて薬師峯へ。

その後も黙々と歩いて、14:00薬師峯、野外センターへの帰着は15:00。 三山の頂上を踏んでのゴールとなりました。

nagusayama-20190427-002.jpg
posted by 姫路岳友会 at 00:00| Comment(0) | 一般登山

2019年04月21日

七種山 アイゼン歩荷&ハイキング

山域:兵庫県 七種山
日程:2019/4/21
参加者:田路、後藤、矢留、小谷、宮崎、阿部、北山(ハイキング)
 金澤、上田、武田(アイゼン歩荷)

GW 山行に向けたトレーニング第2回は七種山でアイゼン歩荷。それにあいのりする形でハイキングを行いました。

8:00 野外活動センターを出発し七種槍を目指す。
久々のアイゼン歩行とズシリと肩に食い込むザック、夏日による暑さと三重苦の中、歩荷組は武田さんを除いて、なかなかペースが上がらない。
10:30 七種槍に到着も少々バテ気味、ハイキング組にも遅れをとり、武田さんの姿はもう見えない。

その後もなんとか七種山と薬師峯との分岐まで行くも、時間はすでに12:30、ハイキング組の姿も見えない。

それでも薬師峯を目指したが、このままではかなり時間をオーバーするということで、最終分岐で歩荷は終了。
金澤さんは、荷重とアイゼンを外し、ハイキング組を追いかけて薬師峯へ。
上田は、待っていた田路、北山と一緒に下山しました。

終わってみれば、歩荷完走は武田さんのみ。

まだまだ修行が足りません、、、

七種槍の頂上で
IMG_0233.jpg

薬師峰まで
IMG_0234.jpg
posted by 姫路岳友会 at 18:50| Comment(0) | 一般登山

2019年04月17日

雪彦山クライミング

山域:兵庫県 雪彦山
日程:2019/4/17
参加者:戸田、中部 
 
三峰一般 + 地蔵東稜右スラブ(下部スラブ) 1ピッチのみ

三峰一般をフリーでチャレンジしようとしましたが早々に諦めてA0で。

写真は、地蔵東稜右スラブ(下部スラブ)を1ピッチ登って懸垂下降する中部君

懸垂下降する中部さん
posted by 姫路岳友会 at 00:00| Comment(0) | ロッククライミング

2019年04月14日

雪彦山アイゼントレーニング

山域:兵庫県 雪彦山
日程:2019/04/14
参加者:金澤、上田M、井口、上田A、武田

GW 山行に向けて雪彦山でアイゼントレーニング。

小雨降る中、取水口から沢をつめて、大岩を登ったり、へつったりで、虹の滝まで。

写真は途中にある大岩を攻略する武田さん。

20190414-seppiko.jpg
posted by 姫路岳友会 at 00:00| Comment(0) | 一般登山

2019年04月12日

雪彦山クライミング

山域:兵庫県 雪彦山
日程:2019/04/12
参加者:戸田、井上

少々ブランクの有る井上さんと地蔵東稜一般を登って来ました。

昨日の雪彦は天気がパッとせず 風が有り 異常に寒かったです。
最終ピッチで トップロープで別ルートを遊ぶつもりでしたが寒いので そそくさと退散しました。

写真は、最終ピッチの井上さん

タムシバの花が咲き始めてました。
来週ぐらい見頃になるでしょう。

帰路で展望岩から確認しましたが
やはり 右カンテ2ピッチ目終了点左の草付きテラスにハヤブサの巣が有ります。
親鳥の動いている姿がチラリと見えました。

20190412-seppiko.jpg

posted by 姫路岳友会 at 00:00| Comment(0) | ロッククライミング

2019年04月04日

雪彦山 クライミング

山域:兵庫県 雪彦山
日程:2019/4/4
参加者:戸田、上村

地蔵東稜左ルート → ジェードル + 正面右カンテ

右カンテを斜上して2ピッチ目に入るとハヤブサの我々を警戒する鳴き声が。
直ぐ後ろで旋回している。
どうやら 中央バンドとハイバンドの中間辺り2ピッチ目終了点の直ぐ左附近に有る様です。
フリーラインの上昇気流ならまともに交差するかも。

写真は、ジェードルを登る上村君

ジェードルを登る上村君
posted by 姫路岳友会 at 00:00| Comment(0) | ロッククライミング