2019年08月25日

雪彦山クライミング

山域:兵庫県 雪彦山
日程:2019/8/25
参加者:田路、金澤

地蔵東稜下部スラブ〜滑り台〜ジェードルクラックの予定で大曲がりから出会いまで下る。出会いから10mほど登った所で、先を歩いていた金澤がマムシを踏んで私の方にマムシが落ちて来ました。
大慌てでヌルヌルの斜面を下に飛び降り難を逃れました。皆さんも気をつけて下さい。

13時30分取りつきに着いたが下部スラブは下の核心部が濡れていたのでノーマル右ルートから滑り台へ。金澤リードで登り、ジェードルクラック取りつき15時過ぎ。ジェードルクラックも金澤リード16時過ぎ頂上到着。写真はジェードルクラックをリードする金澤。

02915.jpg
posted by 姫路岳友会 at 00:00| Comment(0) | ロッククライミング

2019年08月11日

北岳 バットレス 第4尾根

山域:北岳
日程:2019/8/11,12,13
参加者:田路、後藤、金澤、上村、阿部、永江
記録:永江

当初、7月の三連休に計画されていた北岳山行でしたが、あいにくの荒天のため順延に。あらためて8月10-13日に6名のメンバーで登ってきました。

8月10日、11:30姫路出発、夕方芦安駐車場に到着。翌朝の始発バス又はタクシーで広河原に向かう事とし、この日は軽めに宴会し就寝。

11日、4時起床。幸い9人乗りタクシーが確保でき、5時駐車場出発。広河原に6時到着。

これから目指す北岳をバックに記念撮影。

20190811-kitadake-001.jpg

姫路出発前、台風の影響で12日の荒天が懸念されたものの、一転予報が変わり、好天に向かうとのこと。よってこの日は白根御池小屋泊し、明朝バットレス登攀することを確認。

9時30分白根御池小屋着。その後、田路さん、後藤さん、上村さんは翌日の取り付きまでのアプローチを偵察に、阿部さん、金澤さんはテン場でリラックス、永江は初めての北岳を一般登山道からも登頂したいと思い、草すべりから山頂へ。その後八本歯のコル、二俣経由で一周し下山しました。18時就寝。

12日、3時起床、4時出発。朝焼けに輝く鳳凰三山を眺めながら、5時過ぎにC、D沢に到着。偶然にも行きのタクシーで一緒だった北海道のパーティーと遭遇し、話しながらDガリー大滝まで。

20190811-kitadake-004.jpg

登攀準備中、田路さんが一言「ワシのハーネスとクライミングシューズが無い」と。一同動揺が走りましたが、程なくして足元に転がっている用具入れを発見、事なきを得ました。(もし見つからなければ、今回のクライミングどうなっていたか…)

北海道組は第五尾根から、私達はDガリー大滝から第四尾根に向け登攀開始。A班トップ上村さん、セカンド阿部さん、サード金澤さん。B班、第四尾根取り付きまでトップ後藤さん、セカンド永江、サード田路さん。3ピッチで第四尾根取り付きへの横断バンドに到着するも、その後のルートが判然とせず、うろうろしているところ、追いついてきた北海道ペアにルートを教えてもらいました。その後は彼らの後ろをついて行く展開に。A班は引き続き上村さんトップ、B班は田路さんトップに交代し、ピッチ毎に小休止しながら、終了点を目指しました。要所要所の核心で苦労する場面もありましたが、14:50全員無事に登攀終了。

20190811-kitadake-003.jpg

その後、約30分かけて徒歩で山頂に登り、暗くならない内に急いで小屋まで戻りました。18時着。祝杯。

20190811-kitadake-002.jpg

13日、無事に広河原まで下山し、乗り合いタクシーで芦安駐車場まで。その後ふもとの温泉で汗を流し、姫路までの帰路につきました。
posted by 姫路岳友会 at 00:00| Comment(0) | ロッククライミング

2019年08月03日

雪彦山クライミング

山域:兵庫県 雪彦山
日程:2019/8/3
参加者:金澤、永江
報告者:永江

本日金澤さん、永江の2名で地蔵岳東陵ノーマルルートを登りました。

はじめ、永江が取り付きまでの道を間違え一人迷子になるという不安な滑り出しでしたが、その後、金澤さんの懇切丁寧なレクチャーを受け、永江が初フルトップで登らせていただきました。

まだクライミング自体6回目で、まごつくこと多々ありましたが、なんとか登頂でき一安心。

その後、降り返して右カンテにトライする予定でしたが、まだまだ元気な金澤さんに対し永江の体力が尽き果てたため、諦め帰路に着きました。

02906.jpeg
posted by 姫路岳友会 at 00:00| Comment(0) | ロッククライミング