2020年01月19日

はりま支部冬山入門2日目:弥山登頂

山域: 鳥取県 大山
日程: 2020/1/19
参加者:西本T、後藤、吉田、上田A、上田M、矢留、小谷、稲田、山口、飯田、寺本、永江 (岳友会12名)
   他11名、徒歩会(笹谷、坂尾)、姫山(前田、平石、溝渕、中村、東郷、八木、佐藤、上月)、高稜(三宅)

はりま支部冬山入門の2日目は弥山登山です。
積雪量が少ないため、当初予定の6号尾根は断念し、夏道経由で登り、山頂避難小屋で昼食後、行者谷コースから下山しました。

この時期でも木道にはわずかな積雪でした。
20200119-daisen02.jpg

山頂避難小屋前で集合。
20200119-daisen01.jpg

大山寺に7:30集合し、登山開始。13:30に下山。
posted by 姫路岳友会 at 00:00| Comment(0) | 積雪期登山

2020年01月18日

はりま支部冬山入門初日:元谷で基礎訓練

山域: 鳥取県 大山
日程: 2020/1/18
参加者:西本T、後藤、吉田、上田A、上田M、矢留、小谷、西本Y、北山、山口、飯田、寺本、永江 (岳友会13名)
   他6名、徒歩会(笹谷、坂尾)、姫山(前田、中村、東郷、八木)

全国的な雪不足の中、今年の元谷訓練は中止、それとも? と直前までやきもきさせられましたが、前日に降った雪でひざ上までの積雪となり、何とか形になりました。

朝9時に大山寺モンベル前に集合し、班分けなどの説明後、元谷に向けて出発しました。途中大神山神社で、雪崩に埋まった際に15分から20分が生死の分かれ目になること、ビーコンチェックの基本機能の説明後にビーコンチェックをして元谷入りしました。
元谷では、例年使用している宝珠尾根斜面はブッシュが出ていて使えないため、暖斜面で工夫して訓練実施しました。
@雪崩に遭った際にしなければならない事を説明後に、二班に分かれて雪崩発生から掘り出し迄の手順を演習。
Aピッケルの持ち方やアイゼン歩行など基本的な説明
Bスタンディングアックスビレイや滑落停止
Cスノーマウント作成
訓練後に大山寺に戻り、テントで親睦を図ったのち、就寝しました。
ビーコンとプローブをもって埋没者の捜索訓練中。
20200118-daisen01.jpg

これだけの人数が後藤支部長の掛け声で一斉にひっくり返るのは迫力でした。
20200118-daisen02.jpg

スノーマウント作りに夢中になっています。
20200118-daisen03.jpg

何人乗っても大丈夫。 スノーマウントの強さに感心。
20200118-daisen04.jpg

大山寺9時集合後、元谷で訓練、大山寺帰着は14時10分
posted by 姫路岳友会 at 00:00| Comment(0) | 積雪期登山

2020年01月03日

年始の雪山

山域:北八ヶ岳
日程:2020/1/3,4
参加者:阿部(CL)、吉田、稲田、尾國、寺本、飯田

正月休みの天狗岳山行は、強風と視界不良で西天狗岳へは行けませんでしたが、予定どうり行程を歩き、無事下山できました。
黒百合ヒュッテには、14時ごろ着き、運よく個室に泊まることができ、部屋で、乾杯夕食まで、歓談、美味しい夕食を食べたあとは、ミニコンサートを満喫後、明日に備えて就寝。

翌朝5時に起き、朝食を食べて6時15分に、小屋を出発、天狗岳をめざす。あいにくの曇り空で、ご来光はおがめません。

森林限界を超えた辺りで、強風の為、2名小屋にひきかえしたが、なんとか東天狗岳に登頂できました。小屋に戻り、全員で残りの行程をあるきました。時間がたつにつれて晴れ間も出てきて、八ヶ岳の雪道を満喫できました。

3011-DSC_0307.JPG
posted by 姫路岳友会 at 00:00| Comment(0) | 積雪期登山