2019年09月16日

前穂高 W峰 正面壁 松高ルート

山域:北アルプス 前穂高岳
日程:2019/9/14-16
参加者:(松高ルート) 田路、金澤、上村、上田A、武田、阿部、(北尾根)尾國

快晴の3連休に前穂高岳W峰 正面壁の登攀と北尾根を歩きました。

初日、沢渡へ到着すると、駐車場にはすでに沢山の車。
少し仮眠をとって目覚めるとタクシー乗り場には長蛇の列ができていましたが、それほど待つことなく上高地へ。

観光客でにぎわう上高地から幕営地の奥又白池を目指して歩く。
途中の中畠新道の急登に苦しめられましたが、12時過ぎに奥又白池に到着。池のほとりにはすでに2張りほどテントが張られていました。
心配していた水場も問題なく利用でき、持って上がったアルコールで乾杯し、翌日に備え早々に就寝。

20190914-maehodaka-001.jpg
北アルプスの秘沼 奥又白池

2日目4時起床。
この日も北アルプスは快晴。
北尾根歩きの尾國さんを残して5時奥又白池を出発。
眼前には朝焼けの前穂高岳、後ろには雲海に浮かぶ富士山という絶好の景色の中、松高ルートの取り付きを目指します。

20190914-maehodaka-002.jpg
雲海に浮かぶ富士山を背後に

20190914-maehodaka-003.jpg
取り付きを目指して

7:00 松高ルートの取り付き点に到着。
パーティ構成は先行、田路、武田、上田A。後行、上村、金澤、阿部。
岩がもろく一手一手確かめながらの登攀。落石も多くありなかなか苦労しましたが、12時に無事終了点へ。

20190914-maehodaka-004.jpg
フォローで登攀中

20190914-maehodaka-005.jpg
登攀を終えて一息

予定では全員で前穂の本峰まで行く予定でしたが、達成感なのか疲労感なのか気持ちが折れ、奥又白池へ戻ることに。
V,Wのコルで待機していた尾國さんにも引き返してもらい途中合流、全員X,Yのコルから幕営地に戻りました。
奥又白池には15時過ぎに到着。予定より早く戻ってきたため、徳沢園まで戻ることにしました。

徳沢園到着は18:30。
朝5時に出発してから13時間半行動で皆クタクタでしたが、徳沢園でビールを買って乾杯。その後も持ってきたおつまみをあてにビールでプチ宴会し21時ごろ就寝。

3日目、すでに徳沢園まで戻っているので、あとは消化試合。
時間が早いということもあって、普段は通り過ぎるだけの上高地を少し散策し帰路につきました。

3日間快晴に恵まれ、会心の山行となりました。

20190914-maehodaka-006.jpg
河童橋の前で記念撮影
posted by 姫路岳友会 at 00:00| Comment(0) | ロッククライミング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]