2019年10月14日

姫路市スポーツ祭、救助訓練

山域:ウインク陸上競技場、高御位山
日程:2019/10/14
参加者:後藤、西本T、上田M、宮崎、西本Y、上田A、北山、飯田、他、(姫路市スポーツ祭のみ)田路、赤木

ウインク陸上競技場で行われた姫路市スポーツ祭へ姫路山岳会として参加しました。

姫路市スポーツ祭の後、高御位山へ移動し、先日行った遭難救助訓練の復習をはりま支部合同で行いました。

初参加の人いたので、まずはロープワーク講習。
基本となる、エイトノット、ムンターヒッチ、フリクションヒッチを学びました。

ロープワーク講習の後は適当な岩場で学んだロープワークを駆使しての、ロワーダウン、引き上げシステムの構築、フィックスロープによる危険箇所の通過訓練を行いました。

雪彦山の遭難救助訓練から日も経っていないこともあって、準備にかかった時間も短くなり、定期的に訓練を行うことが大切だと感じました。

DSC_1425.JPG
引き上げシステムの実践中
posted by 姫路岳友会 at 22:26| Comment(0) | 講習会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]