2019年10月14日

姫路市スポーツ祭、救助訓練

山域:ウインク陸上競技場、高御位山
日程:2019/10/14
参加者:後藤、西本T、上田M、宮崎、西本Y、上田A、北山、飯田、他、(姫路市スポーツ祭のみ)田路、赤木

ウインク陸上競技場で行われた姫路市スポーツ祭へ姫路山岳会として参加しました。

姫路市スポーツ祭の後、高御位山へ移動し、先日行った遭難救助訓練の復習をはりま支部合同で行いました。

初参加の人いたので、まずはロープワーク講習。
基本となる、エイトノット、ムンターヒッチ、フリクションヒッチを学びました。

ロープワーク講習の後は適当な岩場で学んだロープワークを駆使しての、ロワーダウン、引き上げシステムの構築、フィックスロープによる危険箇所の通過訓練を行いました。

雪彦山の遭難救助訓練から日も経っていないこともあって、準備にかかった時間も短くなり、定期的に訓練を行うことが大切だと感じました。

DSC_1425.JPG
引き上げシステムの実践中
posted by 姫路岳友会 at 22:26| Comment(0) | 講習会

2019年09月29日

雪彦山遭難救助訓練

山域:兵庫県 雪彦山
日程:2019/9/29
参加者:田路、後藤、西本T、小谷、金澤、上田M、宮崎、西本Y、上田A、武田、北山、山口、寺本、他

毎年恒例の雪彦山救助訓練を開催しました。

最初に「マムシ咬傷に対するエスマルヒ法の有効性」というテーマで現役医師による講習を受けました。
止血帯として利用されるエスマルヒをマムシ毒を絞り出す道具として利用し応急処置を行うという内容でした。

IMG_0541.jpg
エスマルヒの効果を体験中

講義の後は、登山中に仲間の1人が滑落、その人をザックを利用して安全な場所まで引き上げるという想定で講習と実技を行いました。
まずは兵庫県山岳連盟の一本松氏の講義を受けた後、3班に分かれて実戦形式で訓練しました。

毎年恒例ではありますが、一般登山で滅多に使うことのない技術なので、忘れてしまうことも多く、技術も少しずつ進化しているので、継続して行うことの必要性を感じた1日でした。

posted by 姫路岳友会 at 00:00| Comment(0) | 講習会

2019年09月01日

高御位山 姫路登山教室&歩荷

山域:兵庫県 高御位山
日程:2019/9/1
参加者:(姫路登山教室) 西本T、上田M、西本Y、上田A、北山、山口、阿部、寺本、(歩荷) 田路、金澤

姫路登山教室の実技で高御位山へ。
岳友会からは9名が参加。それに合わせて9月三連休のための歩荷トレーニングを実施しました。

心配された天気もなんとか最後までもち、全員無事下りてくることができました。
posted by 姫路岳友会 at 00:00| Comment(0) | 講習会

2018年12月16日

遭難救助訓練

山域:兵庫県 雪彦山
日程:2018/12/16
参加者:岳友:田路、西本T、吉田、小谷、赤木、金澤、仲川、上田、武田、稲田、山口、阿部、北山

例年秋におこなっていましたが、今年は台風で中止となったため、この時期の実施となりました。

兵庫山岳連盟より講師を招き、講習を受けた後、実践形式で訓練を行いました。
内容はシート梱包によるザック担架搬送法、引き上げシステム構築、フィックスロープ張り。はりま支部の各会が3班に分かれて各パートを担当し、訓練を行いました。

昼食をはさんで、午後からは心肺蘇生法の訓練で今年の遭難救助訓練を終えました。

ザック搬送中
2715-20181216-seppikoi2.jpg
posted by 姫路岳友会 at 00:00| Comment(0) | 講習会

2018年07月01日

岩場でのセルフレスキュー

山域:神戸登山研修所
日程:2018/7/1
参加者:西本Y、武田、山口、阿部

神戸登山研修所で、岳連主催のセルフレスキュー講習会を受講してきました。
トップ滑落時にビレイヤーが自己脱出し、トップの所まで登って二人で懸垂下降する一連の動作を練習しました。
posted by 姫路岳友会 at 00:00| Comment(0) | 講習会

2017年09月30日

はりま支部 遭難救助訓練(雪彦山)

山域:兵庫県 雪彦山

日程:2017/9/30,10/1

参加者:上月、田路、後藤、西本T、小谷、金澤、

仲川、上田、武田、北村、尾國

(10/1のみ)酒居、赤木、上村、北山


雪彦山にて、はりま支部合同で遭難救助訓練を行いました。


1日目は器具庫の点検と訓練の概要説明を行なったあと懇親会。

救助器具の使い方と1/3、1/5引き上げシステムを学びました。
20170930-seppiko1.jpg

2日目は雪彦山にて実地訓練。

今年は例年と異なり、一般登山者が谷へ滑落し行動不能になったという想定のもと、各山岳会が救助、救出、フィックスロープ設置班に分かれ、要救助者を滑落現場から安全な場所まで運ぶ訓練を行いました。
20171001-seppiko2.jpg
posted by 姫路岳友会 at 00:00| Comment(0) | 講習会

2017年09月24日

姫路市民登山大会のサポートで笠松山・善防山とあびき湿原

山名  :兵庫県 笠松山・善防山とあびき湿原
日程  :2017/9/24
参加者:西本T、小谷、他はりま支部サポートと41名の市民参加

姫路市民登山大会のサポートで笠松山・善防山とあびき湿原を歩きました。
あびき湿原は地元の保存会の会長さんが案内してくださいました。 今回はシーズン終わりで日本一小さい一円玉程の赤とんぼ「ハッチョウトンボ」や「サギソウ」なども僅かでしたが、ベストシーズンの7月に行くと凄いようですよ。 皆さんも来年ぜひ行ってみて下さい。

20170924-kasamatu01.jpg

20170924-abiki01.jpg



posted by 姫路岳友会 at 00:00| Comment(0) | 講習会

2016年07月03日

兵庫県山岳連盟のセルフレスキュー講習を受講

山名  :兵庫県山岳連盟 神戸登山研修所
日程  :2016/7/3 9:30〜17:00
参加者:西本Y、北村

山岳連盟のセルフレスキュー講習を受講してきました。

・支点の取り方、ロープワーク
・セカンドの引き上げ
・リードが怪我をした想定で、ビレイヤーが自己脱出し怪我人と懸垂下降
・三人パーティーで一人がコントロールし怪我人ともう一人を降ろす

見てると簡単そうでもやってみると難しかったです。
何度も練習しないとだめだなと思いました。
あと、ビレイ中の突然死が問題になっていると言われてました。
ビレイでもプルージックでバックアップをとるようにしましょうと薦められてました。

20160703-rescue1.jpg
posted by 姫路岳友会 at 22:09| Comment(0) | 講習会

2015年07月26日

岳連のクライミングレスキュー研修会

山名  :兵庫県山岳連盟 神戸登山研修所
日程  :2015/7/26 9:30〜17:00
参加者:西本T、西本Y、金澤、仲川

午前中は研修室で、午後は屋外の岩場で実技を中心にした講習会で、
クライミング中にトップがけがをして動けない状態で、
ビレイヤーがビレイ体制から離脱してトップの上部に出て確保視点をとりトップを支えながら懸垂下降するという想定。
20150726-res3.jpg

posted by 姫路岳友会 at 19:54| Comment(0) | 講習会